出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ四]

  1. かむあがる」に同じ。

    1. 「後に久しくましまして彦火火出見尊―・りましぬ」〈神代紀・下〉

  1. 巫女 (みこ) に乗り移っていた神霊が巫女から離れて天に上る。

    1. 「うなり声を引て―・る」〈滑・浮世床・二〉