出典:デジタル大辞泉(小学館)

神前で、歌舞を奏すること。また、その歌舞。神楽 (かぐら) 。

「かご山やさか木の枝ににぎかけてその―思ひこそやれ」〈夫木・一八〉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉