出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 小児が髪を伸ばしはじめるときの儀式。中世・近世に行われた風習で、民間では、ふつう男女3歳の11月15日に行った。絓糸 (すがいと) で作った白髪 (しらが) を頭上にのせて長寿を祈り、産土神 (うぶすながみ) に参拝した。髪立て。櫛 (くし) 置き。 冬》「―やうしろ姿もみせ歩く/太祇

  1. 唐衣 (からぎぬ) の襟を折り、下げ髪を受けるようにした部分。