出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 陰暦9月晦日 (みそか) 、または10月1日に、全国の神々が出雲大社へ旅立つこと。また、これを送る行事。この日は強い風が吹くといわれる。 冬》「しぐれずに空行く風や―/子規」⇔神迎え

  1. 厄神を追い払う行事。鹿島流し疱瘡神 (ほうそうがみ) 送りなど。