かみ‐がか・る【神懸(か)る/神×憑る】 の意味

  1. [動ラ五(四)]神霊が人のからだに乗り移る。また、人が普通と違うようすになることにもたとえていう。「急に―・った言動をとるようになる」