かみがた‐らくご【上方落語】 の意味

  1. 上方を中心に発達した落語。江戸中期の露の五郎兵衛と米沢彦八を祖とする。見台 (けんだい) を前へ置き、張り扇小拍子を鳴らし、時には囃子 (はやし) や鳴り物も入れる。大阪落語。上方咄 (かみがたばなし) 。
  • 名詞