出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 紙子紙 (かみこがみ) で作った衣服。律宗の僧が用いはじめ、のち一般に使用。軽くて保温性にすぐれ、胴着袖なし羽織を作ることが多い。近世以降、安価なところから貧しい人々の間で用いられた。かみぎぬ。 冬》「繕うて古き―を愛すかな/虚子

  1. みすぼらしい姿、惨めな境遇の形容。

    1. 「生れて始めて、―になった大尽の無念さを」〈花袋・名張少女〉