出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]《もと必ず打消しを伴い、活用語連体形に「こと」や助詞」を付けて「…にあたわず」「…ことあたわず」の形で多く用いられたが、明治以後は肯定の言い方もみられる》
  1. 可能の意を表す。なしうる。できる。「行くこと―・わず」「味については議論するに―・わず」

    1. 「危きに臨めば平常なし―・わざる所のものを為し―・う」〈漱石吾輩は猫である

  1. 理にかなう。納得がいく。

    1. 「―・はぬことなり。はや出だし奉れ」〈竹取

  1. 適する。相当する。

    1. 「此れ汝が着る物に―・はず」〈今昔・二三・一八〉

[補説]1の肯定の言い方は、欧米語の可能の助動詞の翻訳として広まった。