出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 5月の節句に用いる紙製ののぼり。 夏》「笈 (おひ) も太刀も五月にかざれ―/芭蕉

  1. 江戸時代、罪人を市中に引き回すときや処刑するとき、罪状を書き記して立てた紙ののぼり。