出典:デジタル大辞泉(小学館)

神のおいでになる宮。かんみや。

「皇子 (みこ) の御門を―によそひまつりて」〈・一九九〉