出典:デジタル大辞泉(小学館)

天正10年(1582)5月27日、明智光秀織田信長本能寺に襲う前、愛宕山で催した連歌の会での百韻。光秀が、発句「時は今天が下知るさつきかな」でその野望をひそかにのべたことで有名。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉