出典:デジタル大辞泉(小学館)

連歌で、各句の初めに「いろは」「なもあみだぶつ」など、物の名や経文の句などを1字ずつ毎句の句頭に詠み込むもの。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉