出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。脇能物金春禅竹 (こんぱるぜんちく) 作。播磨 (はりま) の室 (むろ) の明神の神職が賀茂神社に参詣すると、御祖神 (みおやのしん) と別雷神 (わけいかずちのかみ) が現れ、神徳を説く。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉