出典:デジタル大辞泉(小学館)

[終助]名詞、活用語の連体形、まれに形容詞シク活用の終止形に付く。
  1. 感動を込めた疑問の意を表す。…かなあ。

    1. 「一つ松幾代 (いくよ) か経ぬる吹く風の声の清きは年深み―」〈・一〇四二〉

  1. 感動・詠嘆を表す。…だなあ。…ことよ。

    1. 「天の原ふりさけ見れば春日 (かすが) なるみかさの山に出でし月―」〈古今・羇旅〉

  1. (多く「めかも」の形で)反語の意を表す。なんで…か(いやそうではない)。

    1. 「いにしへを仰ぎて今を恋ひざらめ―」〈古今・仮名序〉

  1. (「ぬかも」の形で)願望の意を表す。…てくれないかなあ。

    1. 「ぬばたまの夜 (よ) 渡る月ははやも出でぬ―海原の八十島 (やそしま) の上ゆ妹 (いも) があたり見む」〈・三六五一〉

[補説]連語「かも」の文末用法より転じたもの。「か」を終助詞、「も」を終助詞あるいは間投助詞とする説もある。2は中古以降、おおむね「かな」に代わる。