出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1155~1216]鎌倉前期の歌人。通称、菊大夫。名は「ながあきら」とも読む。京都下鴨神社禰宜 (ねぎ) の家に生まれ、のちに社司に推挙されたが実現せず、失意のうちに出家。山城国日野の外山 (とやま) に方丈の庵 (いおり) を結び、隠遁生活を送った。著「方丈記」「発心 (ほっしん) 集」「無名抄」など。

出典:青空文庫