出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 本職以外に臨時につとめる役。また、その人。

  1. 律令制で、正規の夫役 (ぶやく) のほかに追加された臨時の夫役。

  1. 江戸時代、火付盗賊改 (ひつけとうぞくあらため) の俗称。

  1. 歌舞伎で、自分の役柄以外の役を演じること。立役 (たちやく) 女形 (おやま) になったりすること。また、それによって受け取る特別手当。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉