出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]蚊やり火は下にこもって燃え、また、くゆる意から、「下」「底」「くゆ」などに掛かる。
  • 「―下にのみこそもえわたりけれ」〈新勅撰・恋二〉
「―悔ゆる心もつきぬべく」〈拾遺・雑下〉