出典:デジタル大辞泉(小学館)

粥占 (かゆうら) に用いる棒。ヌルデの木などの先端に裂け目を入れ、この棒で粥をかきまわし、付着した米粒の多寡で豊凶を占う。