出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]

  1. 一定の区間を定期的に、何度も行き来する。「自転車で学校に―・う」「病院に―・う」

  1. ある場所を自由に行き来する。「鳥も―・わぬ南海の孤島」

  1. ある場所を通って流れる。また、止まらないで流れる。「電流が―・う」「血が―・う」「息が―・う」

  1. 気持ちなどが相手に伝わる。「心の―・う贈り物」

  1. 道筋が通じる。また、通じている。「夏の間だけバスが―・う」「江戸へ―・う街道」

  1. 似る。共通する。似かよう。「目鼻だちに―・うところがある」

  1. 精通する。通暁する。

    1. 「仏の道にさへ―・ひ給ひける御心のほど」〈・御法〉

  1. 交差する。入り交じる。

    1. 「春はやがて夏の気をもよほし、夏より既に秋は―・ひ」〈徒然・一五五〉

[可能]かよえる

出典:青空文庫

出典:gooニュース