出典:デジタル大辞泉(小学館)

Torre de la Calahorra》スペイン南部の都市コルドバにある塔。グアダルキビル川にかかるローマ橋の防備のため要塞として建造。現在はイスラム支配時代の資料を展示するアル‐アンダルス博物館になっている。旧市街に残るメスキータアルカサルとともに、「コルドバ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。