出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《格助詞「から」+格助詞「が」》体言、体言に準じるものに直接、または「にして」を介して付き、他を言う前に、その事柄、物事自体が以下に述べるごとくである意を表す。…からはじめて。…をはじめとして。「大きさからが私の物にそっくりだ」「考え方にしてからが違っている」