出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良・平安時代に、唐からその製法が伝わった菓子。粳米 (うるちごめ) ・もち米の粉や小麦粉に甘葛 (あまずら) の汁などを加えてこね、果物の形などに作って油で揚げる。唐菓子 (からがし・とうがし) 。