出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「からぐら」とも》飾り鞍の中でも朝儀の出行列のときに用いられた正式の馬具。銀面 (ぎんめん) ・頸総 (くびぶさ) ・雲珠 (うず) 杏葉 (ぎょうよう) などの飾りがあり、外国使節の接待、御禊 (ごけい) 供奉 (ぐぶ) の公卿、賀茂の使いなどが使用した。→大和 (やまと) 鞍

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉