出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「からしり」とも》

  1. 江戸時代、宿駅で旅人を乗せるのに使われた駄馬。人を乗せる場合は手荷物を5貫目(18.8キロ)まで、人を乗せない場合は本馬 (ほんま) の半分にあたる20貫目まで荷物を積むことができた。からしりうま。

  1. 積み荷をもたない馬。荷物のない、からの馬。

    1. 「ここに小荷駄が二疋あいて、―になった」〈雑兵物語・下〉