出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 独り寂しく寝ること。あだね。

    1. 「そま人のまきの仮屋の―におとするものはあられなりけり」〈山家集・上〉

  1. その場かぎりの男女の交わり。あだまくら。

    1. 「かの―の因果めが煩悩を起こさせますと」〈浄・薩摩歌〉