からっ‐ぽ【空っぽ】 の意味

  1. [名・形動]
  1. 中に何も入っていないこと。また、そのさま。「空っぽの財布」
  1. 内面のないこと。また、そのさま。「頭の空っぽな人」
  • 名詞
  • からっ‐ぽ【空っぽ】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・私の腹の中はいつも空っぽになります。

      小川未明「煙突と柳」

    • ・・・しかし自分が電車で巡り合った老子の虚無は円満具足を意味する虚無であって、空っぽの虚無とは全く別物であった。

      寺田寅彦「変った話」

    • ・・・そうしてそれらの挿図の説明はというとほとんど空っぽである。

      寺田寅彦「マーカス・ショーとレビュー式教育」