出典:デジタル大辞泉(小学館)

海王星の第6衛星。1989年にボイジャー2号の接近で発見された。名の由来はギリシャ神話の海のニンフ。海王星系で4番目に内側の軌道を公転しており、ナイアッドなどと同じく、いずれは海王星に落下すると思われる。非球形で平均直径は約160キロ。

[補説]曲名別項。→ガラテア

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉