出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(ロシア)Brat'ya Karamazovïドストエフスキーの長編小説。1879~80年発表。カラマーゾフ家の父親殺し事件を中心に、三人兄弟と私生児をめぐって展開される葛藤 (かっとう) を描き、宗教的思想を通して人間性を追求したもの。