出典:デジタル大辞泉(小学館)

Cattedrale di Cagliari》イタリア半島の西方、サルデーニャ島、サルデーニャ自治州の都市カリアリにある大聖堂。正式名称はサンタマリア‐ディ‐カステッロ大聖堂。13世紀にピサ‐ロマネスク様式で建造。18世紀初頭にバロック様式の装飾が施されたが、1930年代の修復により建造当初の状態に戻された。12世紀にピサ大聖堂のためにつくられ、後に同地に寄進された説教壇がある。