(あたま)を搾(しぼ)・る の意味

  1. できる限り頭を働かせて考える。知恵をしぼる。「新商品のネーミングに―・る」