出典:デジタル大辞泉(小学館)

《もと、狩りなどのときに着用したところから》古代・中世、公家が常用した略服。胡服 (こふく) 系の盤領 (まるえり) で、前身頃 (まえみごろ) と袖が離れており、袖口にくくりの緒がついている。布製であるところから布衣 (ほうい) とよんだが、平安後期になると、野外の出行や院参に華麗な絹織物が使われるようになり、位階・年齢に相応したものを用いる慣習を生じた。近世では、有文の裏打ちを狩衣とよび、無文の裏無しを布衣とよんで区別した。狩襖 (かりあお) 。