出典:デジタル大辞泉(小学館)

狩衣を着た姿。ふつう、烏帽子 (えぼし) 指貫 (さしぬき) を伴う。

「あるは袍衣 (うへのきぬ) 、あるは―にて」〈栄花・玉の台〉