かり‐こみ【狩(り)込み】 の意味

  1. 鳥獣を追いたてて捕らえること。
  1. 街頭の浮浪者や売春婦などを警察がいっせいに検挙すること。
  • 名詞