出典:デジタル大辞泉(小学館)

雁の使い」に同じ。

「霧晴れぬ空にはそこと知らねどもくるを頼むの―」〈新後拾遺・秋上〉