出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. からだの他の部分に比べて、頭が大きいこと。また、そういう人や、そのさま。あたまがち。

  1. 上の部分が下の部分に比べて、ふつりあいに大きかったり多かったりすること。また、そのさま。「頭でっかちの花瓶」「頭でっかちな組織」

  1. 知識や理論が先走って行動が伴わないこと。また、そういう人やそのさま。「頭でっかちな若者」

出典:青空文庫