出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 国または地方公共団体が、行政上の軽い禁令を犯した者に科する金銭罰。刑罰としての罰金科料と区別される。あやまちりょう。

  1. 中世、過失などの軽い罪を償うために科した金銭。

  1. 江戸時代、本刑に代えて科した金銭。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[社会/法律]カテゴリの言葉