出典:デジタル大辞泉(小学館)

《中国、梁の張僧繇 (ちょうそうよう) が、金陵の安楽寺の壁にかいた竜に睛 (ひとみ) を入れたら、たちまち雲に乗って昇天したという「歴代名画記」七の故事から》最後の大事な仕上げ。また、ほんの少し手を加えることで全体が引き立つこと。→画竜点睛を欠く

[補説]「がりゅう」とは読まない。また、「点睛」を「点晴」とは書かない。

出典:青空文庫