出典:デジタル大辞泉(小学館)

凸レンズ対物レンズに、凹レンズ接眼レンズに用いて正立像を得る望遠鏡。1609年ガリレイが発明。小形の双眼鏡として用いられることが多い。ガリレオ式望遠鏡。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉