出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 調子が軽くておもしろい言葉・話。たわいないが、気がきいていて滑稽みのある言葉・話。「軽口をたたく」

  1. 軽妙なしゃれ。江戸時代に流行した地口 (じぐち) ・秀句 (しゅうく) の類。

  1. 口が軽くてよくしゃべること。また、そのさまや、そのような人。「軽口を慎む」「軽口な人」

  1. 軽口話 (かるくちばなし) 」の略。

  1. 淡白な味。「軽口の酒」