あたら【可惜/惜】 の意味

  1. [副]《形容詞「あたら(可惜)し」の語幹から》惜しくも。残念なことに。あったら。「―好機を逃した」

あたら【可惜/惜】の慣用句

  1. あたらもの【可惜物】
    • 惜しむべきもの。惜しいこと。あったらもの。
      「―を。我がために塵ばかりのわざすな」〈宇津保・藤原の君〉
  1. あたらよ【可惜夜】
    • 明けてしまうのが惜しい夜。
      「玉くしげ明けまく惜しき―を衣手離(か)れてひとりかも寝む」〈・一六九三〉