出典:デジタル大辞泉(小学館)

《ボイエルン詩歌集の意》

ラテン語およびドイツ語で記された、12、3世紀のヨーロッパの詩歌集。1803年、ミュンヘンの南のベネディクトボイエルン修道院で手写本が発見された。当時の放浪学徒の作と想像される、恋・酒・教会風刺の歌が多数含まれる。
の詩に基づく、ドイツ人カール=オルフ作曲のカンタータ