出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 皇族や華族の家の事務・会計を管理し、使用人の監督に当たった人。

  1. 律令制で、一品 (いっぽん) 以下四品 (しほん) までの親王・内親王家、および三位以上の公卿の家で、家務を総括した職員。けりょう。

出典:青空文庫

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉