あたり【辺り】 の意味

  1. ある地点の周囲。ある範囲の場所。付近。周り。「辺りに気を配る」「この辺りは静かな住宅地だ」「辺りかまわず泣きだす」「辺り一面が火の海だ」
  1. 場所・時・人・事柄・数量などをはっきり示さずに、婉曲に言い表す語。多く、名詞の下に付いて接尾語的に用いる。
  1. ㋐そのへん。一帯。近所。「六本木辺りで遊ぶ」
  1. ㋑そのころ。その時分。「あした辺り行ってみよう」
  1. ㋒たとえば…など。「部長にかみつく辺り、けっこう気が強い」「山田君辺りに代わってもらおう」
  1. ㋓その程度。「県代表辺りまでなれるだろう」「千円辺りの品物」
  • 名詞

あたり【辺り】の慣用句

  1. 辺りを払う
    • 他の者を近くに寄せつけない。「―・って密談する」
    • そばに寄りつけないほど堂々としている。また、威勢がある。「―・う威容」
  1. あたりあたり【辺り辺り】
    • そのあたり、このあたり。ここかしこ。
      「ものはかなげなる小柴垣を大垣にて、板屋ども、―いとかりそめなり」〈・賢木〉
  1. あたりきんじょ【辺り近所】
    • そこに近い所。辺り近辺。「辺り近所の嫌われ者」