出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副](スル)
  1. 一つに限らず、いくつものことに及んだりかかわったりするさま。とやかく。いろいろ。「彼此うるさく言う」「彼此しているうちに、暗くなってしまった」

  1. (時・年月・数量などを示す語を伴って)だいたいそれに近いさま。おおよそ。そろそろ。「ここに住んでから彼此一年になる」「彼此四キロ余りも歩いた」

  1. いろいろ合わせて。全部で。

    1. 「かやうのくら事―四十八ありける」〈浮・一代男・四〉

[代]
  1. 指示代名詞。あのこと、このこと。あのもの、このもの。

    1. 「詠める歌多く聞こえねば、―を通はしてよく知らず」〈古今・仮名序〉

  1. 三人称の人代名詞。あの人とこの人。だれかれ。

    1. 「―、知る知らぬ、送りす」〈土佐