出典:デジタル大辞泉(小学館)

イタリア北東部、ベネト州の都市ベネチアの大運河(カナルグランデ)沿いにあるバロック様式の館。17世紀半ば、ボン家の館として、バルダッサーレ=ロンゲーナの設計で建設が始まったが、ロンゲーナの死とフィリッポ=ボンの財政難により中断。18世紀にレッツォーニコ家所有となり、ジョルジョ=マッサーリにより完成。現在は1700年代ベネチア美術館になっており、18世紀の美術品、家具調度品などを展示している。