出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「かれふし」とも》三枚におろしたカツオを煮て、いぶして作った荒節の表面を削り、黴 (かび) 付けを行ったもの。ふつう黴付けの回数が2~3回のものをいう。→鰹節[補説]