カレル‐ばし【カレル橋】 の意味

  1. Karlův most》チェコの首都プラハ中心部、ブルタバ川に架かる橋。神聖ローマ皇帝カール4世(ボヘミア王カレル1世)の命により、14世紀から15世紀にかけてに建造。ヨーロッパに現存する最古の石造橋。全長約520メートル、幅約10メートル。橋の両側の欄干に合計30体の聖人の彫像が並ぶ。橋と橋塔はゴシック様式、聖人像はバロック様式のものが多い。1992年、「プラハ歴史地区」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。