出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]《「憐 (あわれ) むべき」の意から》姿・形がかわいらしく、守ってやりたくなるような気持ちを起こさせること。また、そのさま。「可憐に咲く野の花」「少女の可憐な瞳」
[派生]かれんさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース