出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]かろ・し[ク]かるい」に同じ。
  • 「馴染みの家をぐるぐる回って歩いているうちには、背中の荷が段々―・くなって」〈漱石
「御心のすこし―・くおはします」〈大鏡・兼家〉