出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「論衡」逢遇の「なほ夏を以て炉を進め、冬を以て扇を奏するが如 (ごと) し」から》時期外れで役に立たない物事のたとえ。冬扇夏炉。

[四字熟語]カテゴリの言葉